The Dai-Ichi Life Insurance Company, Limited
RECRUITING 2023
基幹職採用サイト

Career Development Program 人財育成 人財がグループの未来を創る。

人財がグループの
未来を創る。

第一生命グループにとって最も重要な経営資源は「人財」であり、今後もさらなる飛躍を遂げるためには、あらゆる分野で人財力を高める必要があります。
そこで、全社員に求める人財像として、以下の3つの視点および6つのポイントを掲げており、社員一人ひとりが具体的な行動の変化を通じて「自律的な成長」につなげられるよう人財育成に取り組んでいます。

全社員に求める人財像

  • 常にお客さま・
    マーケット視点を持ち、
    果敢に挑戦する

    マーケット志向

    お客さまや外部環境とともに常に変化する課題を見抜き、先んじて解決する

    挑戦

    失敗を恐れず、柔軟な発想、創造力と勇気を持って変革へ挑戦する

  • つながりを活かし、
    価値を想造する

    つながり

    組織・会社の枠組みに捉われず、互いに良い影響を与える

    個性の尊重

    互いを尊重し個性を高めながら成長し、価値を創造する

  • 圧倒的な
    当事者意識を持つ

    当事者意識

    圧倒的な当事者意識と強い志を持って業務を完遂する

    自律的な成長

    自ら考え、動き、変化に対応しながら自己を高める

お客さま・組織のために行動する
(お客さま本位の姿勢・高潔性)

自律的な成長を促す仕組み

2020年7月よりスタートした新・人事制度では、「人財開発改革」を掲げ、「人財」一人ひとりがこれまで以上に自律的にスピード感をもって成長でき、多様なキャリアを描ける環境・組織づくりを行っています。具体的には、組織が求める行動・知識・経験を可視化した「人財育成ロードマップ」、社員一人ひとりの成長を目的として、上司と部下が1対1で定期的に対話する「1 for 1(第一生命版1 on 1ミーティング)」の導入、「自律的な学びとキャリア開発支援」の強化を行うことで社員一人ひとりの成長を促していきます。

パーソナルキャリア・ディベロップメント・プログラム※一人ひとりのキャリアビジョンやその実現に向けた計画等

若手社員育成

[若手社員育成プログラム]

まず入社後の新入社員研修にて、社会人としての基礎を学びます。
また、1年目に実施するフォロー研修では、配属されてからの振り返りを行うことで自身の強みと課題を把握し、今後の成長につなげていきます。
そして、入社3~4年目で実施する営業コンサルティング研修では、個人のお客さまへの生命保険のご提案を通じて、「お客さま第一主義」の考え方を学びます。
※新型コロナウイルスの感染状況に応じて、研修内容を変更する可能性があります。

「第一生命人」としての基礎をつくる
新入社員研修

「生命保険の役割・意義」、「社会人としての資質」、「仕事の進め方の基本」を習得し、「第一生命人」としての基礎を固めることが新入社員研修の目的です。机上研修のほか、実践的なマーケティング戦略の検討・立案などを行う研修も実施しています。また、日々の目標を設定し、研修後に行動の振り返りを行うことにより、自ら考え、行動する力を醸成していきます。

営業コンサルティング研修

主に入社3~4年目の若手社員を対象とし、「お客さま第一主義」の考え方を学ぶとともに、お客さまの期待に応え続けられる人財となれるよう、お客さまへの生命保険のご提案活動を経験する営業コンサルティング研修を実施しています。
初対面の方々と接点をつくり、信頼関係を深めながら、お客さまのニーズやライフスタイルに応じたコンサルティングを経験することにより、生命保険の意義を学ぶとともに、環境変化やライフスタイルの多様化によって大きく変化しているニーズの理解につなげていきます。
創業以来の経営理念である「一生涯のパートナー」であり続けるため、この研修を通じて生命保険のあるべき姿を考え、新たな価値を創造する力を強化しています。

閉じる

グローバル人財育成

[グローバル人財育成プログラム]

グローバルな視点で競争力の高い人財を確保・育成するため、第一生命グループは独自のプログラムによる能力開発を通じ、グローバル人財の育成を強化しています。若手選抜型海外派遣研修(グローバルタレントシーズ)をはじめとして、様々な取組みを行っています。
※新型コロナウイルスの感染状況に応じて、研修内容を変更する可能性があります。

グローバルに活躍できる人財を育成
若手選抜型海外派遣研修
(グローバルタレントシーズ)

主に入社2~3年目の若手社員を対象とし、グローバルな環境で通用する実践力の向上を目指して、シンガポール、ベトナム、インドネシア、そしてマレーシアなど東南アジア各国における2~3週間の研修を実施しています。
本研修では、参加者のレベルに応じ、インターンシップやビジネススクール・コース、フィールドワークなどのプログラムを用意しています。研修中は、インタビュー、プレゼンテーション、ディスカッションなど現地の人々との密なコミュニケーションを通して成長し、実際に海外でビジネスに携わるとはどういう事なのかを体感します。また、派遣前・派遣後で英語によるコミュニケーション力やビジネススキルを測定し、各プログラムを通じて各人のグローバル実践力がどれだけ向上できたかを把握します。
参加者はこれらの経験を活かし、海外トレーニーとしての派遣や海外グループ会社社員の来日時のサポート対応など、国内外のグローバルな場面で活躍しています。

海外OJT派遣

海外グループ会社への派遣を通じ、海外経験のない社員も海外で働くことを体感するとともに、海外の好事例取組みや先駆的な取組みを体感することで、現在の自身の担当業務に役立てることを目的としています。TAL(オーストラリア)、プロテクティブ(米国)、第一生命ベトナム(ベトナム)、スター・ユニオン・第一ライフ(インド)、パニン・第一ライフ(インドネシア)、オーシャンライフインシュアランス(タイ)といった海外グループ会社へ1週間ほど若手・中堅社員を派遣し、海外グループ会社の業務理解や現地スタッフとの意見交換などを行います。

海外トレーニー制度

グローバルな視点に立った業務スキルおよび語学スキルの向上を目的とし、海外のグループ会社・金融機関・語学研修機関などへ1年程度のトレーニー派遣を実施しています。Myキャリア制度でも入社2年目以上を対象に応募を行っており、若手社員も多くチャレンジしています。海外における生命保険事業、資産運用、および語学研修機関での語学習得などの目的に応じたトレーニー派遣を行っています。

海外留学

海外のハイレベルな大学院へ留学する制度です。MBA(経営学修士)、MS(金融工学)、ロースクール(法科大学院)などでの就学を通じ、特定分野の専門知識・スキルを習得し、併せて幅広い視野およびグローバルな感覚を身につけることを目的としています。また、海外現地法人で勤務しながら、大学院へ留学するエグゼクティブMBAも行なっています。

閉じる

自律的な学び・
キャリア開発

[自律的な学び]

「eラーニング制度」では、様々なビジネススキルを学べる幅広いコースを用意しており、多くの社員が受講しています。また、「指定社外資格取得奨励制度」を設けており、CFPや証券アナリスト第2次レベルなど、該当資格を取得した場合、会社が設定したランクに応じて奨励金が支給され、社員の自己啓発を支援しています。その他、部下育成やリーダーシップ開発など、自身のスキルや必要性に応じて受講することができる「公募型研修制度」など、学ぶ意欲のある人財に支援を惜しみません。

いつでもどこでも自己啓発が可能な
eラーニング制度
eラーニング制度

社外競争力を有する金融ビジネスパーソンを育成することを目指し、社員一人ひとりの知識・スキルを強化する機会として自己啓発制度「eラーニング制度」を導入しています。
第一生命グループ社員専用のWebサイトを通じ、場所や時間を選ばずに質の高い講義を受講することができます。また、ビジネスパーソンとして基本的なスキルを習得できるビジネススキルコースをはじめとして、金融リテラシーコース、ITリテラシーコース、語学力強化コースなど、数多くのコンテンツを提供しています。

[キャリア開発]

多様なビジネスフィールドで活躍できる人財を育成するため、社員が様々な業務にチャレンジする機会を提供しています。その一つが社員一人ひとりが自ら進んでキャリアを形成する「Myキャリア制度」であり、新たな職務に挑戦し、ステップアップしたいという社員を対象とし、部門間異動を通じてチャレンジする場を提供しています。また、他のビジネスフィールドやグループ会社の業務を短期間体験できる「社内トレーニー制度」も設けています。

社員の主体的な成長を支援
  • Myキャリア制度

    自律的に「自ら志向する仕事にチャレンジしたい社員」「問題意識を持って新しい仕事にチャレンジしたい社員」を対象とし、一段高いステージにチャレンジする場を公募という形で提供し、キャリア形成を支援する制度です。
    毎年、国内外100職務を超える職務で公募を行っており、若手・中堅社員を中心に活用されています。

Myキャリア制度の活用例

閉じる

その他の分野を見る

  • ダイバーシティ&インクルージョン
  • 人財育成
  • DAI-ICHI LIFE INNOVATION LAB,TOKYO