THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED.
RECRUITING 2020
基幹職採用サイト

タイの社会保障制度の一助として
タイの人々に「確かな安心」を
お届けすること

佐藤 直樹

※取材当時は、オーシャンライフ社(タイ)に所属。

タイの社会保障制度の
一助としてタイの人々に
「確かな安心」をお届けすること

Mission

オーシャンライフ社の
エージェントチャネル
支援・商品開発等を通じて
タイの人々へ
「確かな安心」の提供と
マーケットシェアの拡大を実現する。

Interview 01

成長を続けるアジアで
自分たちのビジネスを
活かすやりがい

私は、タイのバンコクにあるオーシャンライフ社で、エージェントチャネル(個人代理人による営業チャネル)の支援を4年間担当していました。具体的には第一生命のノウハウを活かしながら、オーシャンライフ社と共同で個人代理人向けの教育・育成制度の企画や業績管理等を行っていました。最近は、取締役会やリスク管理委員会の事務局など経営企画に関連する業務や、商品開発、IT・システム開発などのバックアップを担っています。
タイにおける生命保険マーケットは、中間層・富裕層の増加、高齢化等を背景に順調に拡大しています。日本同様、国民の平均寿命は延びており、結果として日本よりも早いスピードで高齢化社会へと向かっているのが現状です。また、首都バンコクを中心とした都市化に伴い、核家族化も進行しているため、将来に備えて個人が自助努力する必要性が増してきています。しかし一方で、公的年金制度等の整備は日本と比較してまだ十分に進んでいるとは言えないため、生命保険にはこれら社会保障制度を補う役割が求められていると考えています。
私たちの活動がオーシャンライフ社のみならず、タイの人たちの安心の支えになると思うと、自分の業務に大きな意義を感じます。

02

タイ語で話せるようになったことが、
現地スタッフとの強固な“チームワーク”に繋がった

入社当時、海外で仕事をすることなど、まったく考えていませんでした。きっかけは、上司から海外トレーニー制度へのチャレンジを勧められたことです。「海外でキャリアを積むステップもある」とそのとき気付き、入社5年目に語学トレーニーとしてバンコクで1年間タイ語を学びました。はじめて触れる言語でしたが、仕事を離れて語学に没頭する毎日はとても新鮮で、語学力も一気に向上しました。翌年、オーシャンライフ社での勤務が決まったときには、1年間の語学トレーニーのおかげでタイの従業員とタイ語だけで話し合うことができました。経済や金融などの話題についていけるようになるには少し時間がかかりましたが、「ビジネス会話は習うより慣れろ」だと思って積極的にタイ語で会話し、わからないことは必死で調べました。
タイに赴任してわかったことは、「ローカルな言葉で話せることの大切さ」です。お互いに慣れない英語で会話することもできますが、コミュニケーションのレベルが全く違います。入社以来、良い仕事をするうえで「チームワーク」は欠かせないということを身を持って感じていたので、タイ語を話すことでタイの従業員の日常や、生活により近づけたと思いますし、相手の本音も汲み取りやすくなり、タイの従業員にとって身近な存在になれたことは大きかったと思います。

Daily Schedule

  • 09:00営業所に出向き、販売研修を実施
  • 10:00営業担当者(個人代理人)と
    対話して実情把握
  • 12:00ランチ
    (行きつけの地元タイ料理店)
  • 13:00帰社
    地域統括会社(シンガポール)
    への業績報告(電話)
  • 14:00日本(第一生命ホールディングス)への
    業務連携・報告
  • 15:00商品開発、
    ITシステム開発に関する検討会議
  • 17:00取締役会に向けた準備、資料作成
  • 19:00退社
佐藤 直樹

第一生命ホールディングス
海外生保事業ユニット
グローバルコース
2007年入社

Profile

2007年、第一生命に入社、首都圏業務推進部にて首都圏マーケットの戦略立案に携わる。2011年、思い切ってキャリアチャレンジ制度を活用し、タイでの1年間の語学留学へ。タイ語を一定程度マスターした後、2012年よりタイのオーシャンライフ社にて営業企画を担当。現在は日本に戻り、本社にて海外事業における事業方針立案に携わる。休日はゴルフを楽しんだり、昨年こどもが生まれてイクメンになったりと充実した日々を過ごす。