THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED.
RECRUITING 2020
基幹職採用サイト

BUSINESS

経営戦略と
ビジネスフィールド

※第一生命 豊洲本社
(東京:豊洲キュービックガーデン)

私たち第一生命グループは、2018-2020年度中期経営計画『CONNECT2020』に取り組んでいます。これまで「事業基盤の拡大・分散」を進め、グローバル3極体制を確立し、持株会社体制へ移行するなど、ガバナンス強化も進めてきました。『CONNECT2020』では、日本の生保グループのフロントランナーとして確立してきた事業基盤を活かしてさらなる収益力の強化に取り組む新たな成長フェーズへと移行します。
「お客さまや社会とのつながりの強化」、「グループ各社の連帯」、「外部のビジネスパートナーとの積極的な協働」などを通じて第一生命グループの「CONNECT(つながり・連帯・協働)の力」を最大限に高めながら、これまでの保険ビジネスの枠組みを超え、あらゆる人々のQOL(※)向上へ貢献していくことで、人々や社会に選ばれ続けるグループとなることを目指しています。

(※)QOL(Quality of Life)… 物理的な豊かさや個々の身辺自立のみでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念

「CONNECT」の視点で
「3つの成長エンジン」を強化し
さらなる成長を実現

中期経営計画『CONNECT2020』は、「3つの成長エンジン(国内生命保険事業、海外生命保険事業、資産運用・アセットマネジメント事業)」を本中期経営計画のコンセプトである「CONNECT(つながり・連帯・協働)」の視点から強化することでさらなる成長を目指していくことを基本戦略としています。
国内生命保険事業では、お客さま一人ひとりのQOL向上につながる国内の3ブランド各社(第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命)の商品・サービスを、最適なチャネルを通じて提供する体制を強化し、さらに、地域・社会との連携・協働や、外部のビジネスパートナーとの柔軟な連携なども活用し、お客さまのQOL向上や地域・社会の課題解決への貢献をあらゆる形ですすめていきます。
海外生命保険事業では、引き続き収益構造の分散化を進め、将来にわたる事業基盤の強化を図ります。米国・豪州では利益の拡大、新興国市場では高い成長を実現するための投資や新たなチャネルの開拓、さらにはグループ各国間の連携・シナジー創出にも積極的に取り組んでいきます。
資産運用・アセットマネジメント事業では、資産形成ニーズの高まりを受けた今後のさらなる市場成長を見越し、グループ会社であるアセットマネジメントOneとジャナス・ヘンダーソンの2社による日・米・欧をカバーするグローバル3極体制を整え、グループへの収益貢献を着実に拡大させるとともに、グループ内の生命保険会社も交えたシナジー創出も強化していきます。
また、イノベーション創出に向けた取組み「InsTech」では、先端技術の活用によるお客さまの利便性や、業務の生産性向上への効果を本格的に発現させるフェーズに入っています。第一生命グループが保有するビッグデータ等の分析をさらに高度化し、すでに成果が表れている生命保険の引受範囲拡大をさらに進めていくほか、これまでの常識にとらわれない新たな発想にもとづく新規ビジネスの創出についても、ラボ組織の設立や、異業種・大学などを含めた社外のパートナーとの幅広いエコシステム形成などを通じて加速させていきます。

3つの成長エンジン

閉じる

国内生命保険事業

国内3ブランド体制で
QOL向上を訴求する
商品戦略を展開


国内マーケットでは、生産年齢人口の減少にともない、死亡保障マーケットが縮小している一方、医療・介護・貯蓄などの新たなお客様さまニーズが生み出されており、また、社会構造やライフスタイルの変化により、お客さまニーズは多様化しています。こうした多様化するニーズに迅速かつ的確に対応するために、「国内3ブランド体制」でQOL向上を訴求する商品戦略を展開しながら、最適な商品・サービスを最適なチャネルを通じてお客さまへお届けし、「健康寿命の延伸」など日本が抱える課題解決へ挑戦していきます。

お客さま・社会の
ニーズの変化を先取りする
パートナーシップの拡大

豊かで安心・安全な社会づくりに努めつつ、「良き企業市民」として地域社会とともに持続的に発展することを目指し、全国約40,000名の生涯設計デザイナー、約1,300の拠点を通じ、今後もさまざまな地域課題の解決に貢献していきます。
また、異業種パートナーやナショナルセンターとのパートナーシップ拡大により、お客さまが選択可能なチャネルや情報ネットワークの拡大を図っていきます。
このように、私たちは生命保険事業そのものを通じてより多くのお客さまや社会に貢献し、国内マーケットでのプレゼンスをさらに高めていきます。

閉じる

海外生命保険事業

第一生命グループの
海外事業展開

第一生命グループは海外6か国で生命保険事業を展開しており、北米およびアジアパシフィック地域に地域統括会社を設置し、グローバル3極体制で経営管理・事業支援の確立・強化を図っています。先進国市場における安定的な利益貢献と、アジア新興国市場における中長期的な成長享受双方のバランスがとれたポートフォリオ構築を進めています。

安定市場での戦略

安定市場(米国・豪州)では、今後も継続的な成長を堅持し、海外生保事業の利益成長を牽引していきます。プロテクティブ(米国)では、米国全土で事業を展開し、リテール事業(生命保険・個人年金)での資本創出と、その収益を活用した保険契約ブロックの買収事業による事業規模拡大という特徴あるビジネスモデルで持続的な成長を実現していますが、今後も新たな提携先の強化・拡大や、新規買収によるさらなる利益成長を目指します。TAL(豪州)では、保障性商品に特化した戦略を推進し、リテール、団体保険、ダイレクトの販売チャネルを効果的に活用することにより、オーストラリアの保障性市場において、保有契約年換算保険料ベースで2013年以降、首位を維持しています。今後も、販売チャネルの強化に加え、ブランド認知度の向上や商品の多様化、顧客サービスの改善を推進し、堅調な成長を目指します。

成長市場・
アーリーステージでの戦略

新興国等の成長市場ではトップラインに軸を置き、既存チャネルの強化・拡大により、トップライン・収益性を向上させ、各国における市場シェアを拡大していきます。また、アーリーステージにおける戦略として、中長期的な経済成長、生命保険市場の拡大が見込まれるメコン新興国への早期進出により、先行者メリットを享受するとともに、地域統括会社や第一生命ベトナムの知見・リソース活用による効率的な事業運営を推進し、さらなる成長を目指します。なお、カンボジアでは2018年3月に、日本の生命保険グループとして初めて子会社を設立し、生命保険事業の開始に向けた準備を進めています。

閉じる

資産運用・
アセットマネジメント事業

安定的な運用収益の確保

現在の国内の低金利環境を念頭に置きつつ、今後の環境変化の可能性も視野に入れ、プロジェクトファイナンスなど新規・成長分野への投資拡大等を通じた資産運用の高度化と機動性向上により、安定的な収益拡大を目指します。また、スチュワードシップ活動の実効性向上とともに、収益性確保と社会課題解決に資するESG投資(※)を高度化させることで、責任投資の深化を図ります。
これらの取組みを通じ、安定的な収益力・健全性を確保するとともに、社会課題の解決に貢献することで、ステークホルダーの期待に応え続けます。 (※)ESG投資:環境・社会・コーポレートガバナンス(ESG)に関する要素を考慮した投資手法。

アセマネ事業の
展開エリア拡大と
グループシナジー創出

みずほフィナンシャルグループと設立したアセットマネジメントOne、米国・欧州を中心にグローバルに事業を展開するジャナス・ヘンダーソングループ(ジャナス・ヘンダーソン)を通じて、国内外でアセットマネジメント事業を展開しています。アセットマネジメント市場は、世界全体で9,000兆円を超える巨大な市場であり、先進国におけるリタイアメントニーズの高まりや新興国の経済成長などにより、市場は引き続き高い成長が見込まれています。第一生命グループは、国内外のアセットマネジメント事業への参画によって、高い市場成長性やアセットマネジメント会社の高い収益性の享受を目指しています。また、アセットマネジメント会社が持つ専門的で高度な資産運用能力を国内外のグループ生保会社へ供給し、運用受託や商品の共同開発を行うなど、当社独自のグループシナジーを追求しています。
アセットマネジメント事業の両社と国内外生保事業のグループ各社がより強くCONNECTすることで、より多くのお客さまの資産形成ニーズなどにお応えし、QOL向上への貢献を通じた社会価値創造の拡大を目指します。

閉じる

イノベーションの創出(InsTech)

医療ビッグデータの
解析・活用

医療ビッグデータ解析によって保険引受基準の見直しを進めてきました。これにより、年間約12,000件(第一生命の新契約件数約1%に相当)の契約を新たに引き受けることができるようになりました。また、解析結果に基づき、健康年齢®※、健康診断割引などの新たな商品・サービスを開発しました。今後もビッグデータ解析を活用したQOL向上、健康寿命の延伸への貢献を目指します。

先端技術活用による
利便性・生産性の向上

各種手続きのデジタル化などによるお客さまの利便性向上と、RPA※・AI技術の導入などを通じた生産性向上に取り組んでいます。これらの取組みと、働き方改革などによって、今後5年程度で2,100名分の人財リソースを成長分野にシフトしていきます。
※ RPA: Robotic Process Automation

イノベーション
創出の加速

既存のビジネスモデルの延長や単なる価格競争にとどまらない、新たな市場・競争軸をつくり出すために、イノベーションの創出を加速しています。2018年4月には、東京・渋谷と米国シリコンバレーに「Dai-ichi Life Innovation Lab」を創設し、機動的に小規模な概念実証(=Proof of Concept)などを繰り返すことで、ヘルスケア領域やシニア層を対象とした領域において新しい付加価値の提供などによる市場創造・需要開拓に取り組んでいます。

こうした成長戦略を実践しながら、第一生命グループはグローバルに事業展開を進めており、合わせて基幹職の活躍するフィールドも広がり続けています。第一生命グループ全体でキャリアローテーション(人財交流)を行うことで、ダイナミックなキャリア形成と人財育成を推進しています。

閉じる

その他の分野を見る

  • リーテイル分野
  • ホールセール分野
  • アンダーライティング分野
  • 資産運用分野
  • 海外事業分野
  • 企画・管理分野
  • 窓販・代理店分野
  • IT・システム分野