変革 before after

第一生命変革の歴史

第一生命は、1902年に
「日本で最初の相互会社」として誕生しました。
激変する時代において、
多様化するお客さまニーズに応えるため、
そして「お客さま第一主義」という
変わらない理念を守り続けるため、
私たちは時代の先を読み、
常識にとらわれることなく変革に挑戦し続けてきました。
ここでは、今世紀に入ってから第一生命が歩んできた
変革の歴史についてご紹介します。

変革
2001 2001

「日本経営品質賞」の受賞

お客さまの人生のリスクをライフステージの変化に合わせてトータルにカバーする「生涯設計」というコンセプトを打ち出し、高度なコンサルティング能力を備えた人財の育成や新商品の販売、既契約者のアフターフォローなど、「お客さま第一主義」の理念に基づいた活動が評価され、金融・保険業界初となる「日本経営品質賞」を受賞しました。

[日本経営品質賞とは・・・]

顧客の視点から経営全体を見直し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続ける「卓越した経営の仕組み」を有する企業を表彰する制度

2006 2006

第一フロンティア生命の設立

事業領域を銀行等の金融機関での窓口販売に特化している第一フロンティア生命。当時、生命保険会社が生保子会社を設立するという発想は業界の常識破りな戦略でしたが、お客さまや金融機関代理店の多様なニーズに迅速かつ的確にお応えするため、第一フロンティア生命という新会社設立を決断しました。当時、業界に驚きが広がりましたが、第一フロンティア生命は機敏さを兼ね備えた競争力のある会社へと成長し、結果的に金融機関窓販分野でシェアナンバーワンとなりました。

変革
2007 2007

海外生命保険事業展開の開始

海外生命保険市場の高い成長性に注目し、2007年ベトナム・バオミンCMGの買収をきっかけに、その後タイ・オーストラリア・インド・インドネシアで生命保険事業を積極的に展開しました。他社に先駆け、成長市場であるアジアパシフィック地域での生命保険事業を開始し、現在も海外市場でのさらなる事業展開加速と利益貢献拡大を目指して取組みを強化しています。

変革
2010 2010

~新創業~ 株式会社化と東証一部上場

縮小傾向が続く国内の生命保険市場で、生命保険事業の基盤を維持しながら、お客さまへ「確かな安心」をお届けし「お客さま第一主義」の理念を守り続けるためには、新たな市場の開拓やM&A(合併・買収)実施などのグローバルな成長戦略の実行が不可欠です。持続的成長実現のため、第一生命はより柔軟な経営が可能となる「株式会社」への組織変更という道を選択しました。また、2010年4月に東証一部上場を果たした当社は、この日を「新創業」と位置づけ、新たな変革のステージに入りました。

変革
2015 2015

米国市場への進出

2014年6月、第一生命が米国の保険会社プロテクティブ社(Protective Life Corporation)を約5,800億円で買収するという報道は、業界内外で大きな話題を呼びました。これは国内生保による海外企業のM&A(合併・買収)で当時の最大規模でした。 時価総額の3分の1に相当する大型投資でしたが、株式会社として東証一部に上場していた第一生命は、買収費用のおおよそ半分を新株発行によって調達しました。プロテクティブ社の買収は、株式会社化・上場の一つの結実でもありました。

変革
2016 2016

持株会社体制へ 「第一生命ホールディングス」の誕生

柔軟な経営資源の配分や迅速な意思決定を可能とし、より一層のグループシナジーを発揮することで持続的成長を実現するために、第一生命グループは持株会社体制へ移行しました。当局からの承認が前提ではありますが、生命保険会社ができる事業の制限を超えた新たなビジネスにチャレンジすることができるようになりました。既存のビジネスモデルや限界に縛られることなく柔軟な発想で、多様化するお客さまニーズに応える新たなサービスを生み出すことができる体制となり、ここからまた新たな変革への挑戦が始まります。

変革
そしてこの先の未来も・・・feture そしてこの先の未来も・・・feture

“Ins Tech”によるイノベーション創出で未来を切り拓く

保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面から生命保険事業独自のイノベーションを創出する取組み“Ins Tech”。今後も第一生命グループは、AI(人工知能)やビッグデータ解析技術など、進化するテクノロジーを活用して新たな価値創造を実現していきます。
変化を受けるのではなく変革をリードしていく。そして、生命保険事業の未来を切り拓いていく-。

変革
変革は続いていく ------------。

TOPICS

日経WOMANで「女性が活躍する会社BEST100」No.1

「企業の女性活用度調査2017」に回答した企業558社を対象に、「女性が活躍する会社BEST100」を発表。女性の両立支援や働き方改革への取組みが高く評価され、第一生命が総合ランキング1位にランクインした。

第一生命は、強みである多様な人財力で
数々の難関に挑戦し、
「変革」を成し遂げてきました。
これから先も「お客さま第一主義」の
理念を守り続けるために
私たちは変わり続け、
最良の未来をつくりあげていきます。
新たな「変革」の1ページを私たちと共に。

プレエントリーはこちらから

PREENTRY